• ogmusicmaker

単コロ散歩〜狭山湖〜


2019/3/20

今日はまさに小春日より。


ついつい暖かい気候に誘われて、地元近所の狭山湖まで相棒とポタリング。


遠目にはまだだけど、近寄ってよく見ると桜もつぼみが、、。


来週には満開かな。

この辺りは見事な桜で、シーズンになると人々でとても混んでしまうから、今日は穴場。(^_^)v

ここまでまっすぐ来れば5分の距離だけど、何しろ目的がブラブラ、ポタリングだから、全然知らない道をグニャグニャといつ着くやら当てもなく。


例によって30キロ位のゆったりでも邪魔にならない裏道ばかりを選んで。


どこを走ってるのか分からないけど、いつかは着くさ、とばかり気の向くままだから、2度と同じ道は辿れないけれどどのロケーションも良い雰囲気で楽しい。


道々、子供の頃にいつもこうやって自転車で日が暮れるまでポタリングしていたのを思い出していた。


どこまで来たのか分からずに、明るいうちに帰れなくてよく叱られたなぁ。


その頃はポタリングなんて洒落た名前は知らなかったから、今日もパトロール!なんて言ってたな。


途中で、どこかの農家で飼っていて道端につないであると思い込んだヤギをからかったら、実は放し飼いになっていたらしく追いかけられ、逃げたり。


どっかのオッサンの乗用車とぶつかって、今思えば事故なんだけど、その時はオッサン謝ってくるから、怪我してないし、そもそも迷子になってたから自転車ごと家の近くまで乗せてくれと言ってみたら、送ってくれた。


事故のことより、自転車がちょっと曲がったことの方が重大で、何と言い訳しようかばかり考えてたな。


そういえば、3.11のあの時もバイクで高速走ってたな。


当時はCBで、確か足利市の学校からの帰り道で、東松山から関越に乗り、高坂サービスエリア過ぎたあたりで、追い越し車線を140キロくらいで走ってたら、いきなりグラグラとバイクがブレた。


まさか、地震だとは夢にも思わないから、タイヤがパンクしたと思い、転倒を避けるためにブレーキを使わずに減速しながら左車線に移り、路側帯に何とか止まってヤバかったぁと思った。


バイクを降りても地面が揺れていて、初めて地震だと理解した。


室内での地震との遭遇と違って、戸外ではガタガタとか音がない。


音もなく、先へ伸びる高速道路がウネウネと蛇のように横にウネるのが不気味だった。


映画の1シーンみたいだ。


父親が入院していたこともあり、取りあえず無事かどうか連絡を取ろうと、携帯かけたけどウンともスンとも言わず、繋がらない。


しばらく大声でもしもーし!

あらら、ヘルメット脱ぐの忘れてた。

そりゃ聞こえないわな。


で、そこから自宅近くのインターまでゆっくり走ってみることに。


するとあんなにいた他のクルマが殆どいない。少し走ると全く居なくなり、僕のバイクだけ高速独占走行!状態。

ラッキー!とばかり気持ちよくインターまで来たら、料金所のおじさんに怒られた。


悲しいかな、バイクはラジオがないので緊急速報とか聞けず、一刻も早く高速を降りてくださいという指示を知らずにご機嫌でただ一人走ってた。


あの時は途中で道が無くなってなくてよかったなぁ。


そんなこんなをツラツラと止めどもなく思い出しながらのノンビリ行脚。

相棒とのポタリングのひととき。


いゃあ、本当に気持ちのいい季節になってきたもんだ!!(^_^)v












29回の閲覧

Copyrigt(C)Og.Music Maker.​